忍者ブログ
よろずたうん本のレビュー。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ブレイブストーリー』などで知られる宮部みゆきさんの作品。


神田で袋物屋「三島屋」を営む伊兵衛。
ある日伊兵衛は姪のおちかを預かることになります。
このおちか、実家である川崎宿の旅籠から来たのだがそこから来たのには理由があり―――。

現在続編(?)が読売新聞で掲載されているこの作品。
伊兵衛がおちかに用意した「黒白の間」そこで話される百物語。
そこで話される不思議な話にどんどんと魅せられていってしまいます。
そして、おちかが川崎宿から神田に来た理由。
一見、妖(あやかし)の話の様に思えますがそこには様々な人の思いが詰まっています。


最終話『家鳴り』という話には泣きました、正直。
現代物ではありませんが、読みやすいです。
是非おススメですよ。

PR

幼い頃の事件をきっかけに生きる気力をなくしているスミオ。
ある日彼は暇つぶしのために出逢い系の携帯サイトにアクセスする。
そこで1人の少女―――ジュリアと出会う……。

タイトルからみるとちょっとファンシーなイメージもありますが、中身はもっと現実的。
この話は最初にこのスミオとジュリアの2人にどのような未来が待っているのかが描かれているんです。
それが描かれた上で2人の出逢いや様々な出来事が巻き起こる。
描かれた未来に向かって2人がどう歩んでいくのか。その過程には胸がつまるものがあります。
どんな逆境にも全力でぶつかっていこうとする2人。特にスミオはジュリアと出会ってから『人間』になっていくような気がするんです。

ただのラブストーリーと思ってはいけません。
けれど、物語背景が現代であるのでリアル感がとてもある作品です。
なぜ『親指の恋人』なのか。それは物語を読んでいけばわかります。

言わずと知れた『しゃばけ』シリーズの畠中先生の作品。
今回は何と政治の世界。元大物議員の事務所で事務員として働く佐倉聖(せい)。
その事務所には元大物議員を頼って若手の議員達が様々な厄介ごとを持ちこんで―――。

個人的には畠中先生の本で現代モノを読むのは初めて。
どんなもんだろ~と正直半分期待、半分疑い(?)って言うのかな…な気分で読み始めました。

いや~。
現代も関係ないですね。畠中節炸裂!!
いくつかの厄介ごとを通して聖の成長する姿がほほえましい。
雇い主の議員との掛け合いも面白い。
何と言っても聖の設定。元ヤンキー!!それがちょっとしたところで役に立つのがまたいいんです。

こうちょっと時間が出来た時にサクっと読める感じがいいですね。
活字はちょっと…と言う方にもおススメかも。

関西圏で有名な阪急電車。その中でも今津線に焦点をあてて書かれた作品です。
それぞれの駅名ごとの短編から成り立っています。

それぞれ別の短編かと思いきや微妙にリンクしていて自分もその電車に乗っているかのような
錯覚に陥ってしまいます。
有川先生作品に多いベタ甘な話ばかりではなく、大人から子供までが主人公。
リアル感バッチリです。

関東圏に住んでいる自分としては、阪急電車は分かるものの駅名や景色はさっぱり。
けれど、これを読んで今津線に乗ってみたくなりました。
そのためには大阪に行かなきゃいけませんね(苦笑)。
読み終わった後に心が温かくなる作品です。

2009年本屋大賞第2位の作品。

舞台は戦国の世。
秀吉がじわりじわりと天下統一を目指し準備をしている時。
石田三成が2万の軍勢を引き連れても唯一、攻め落とせない城があった。
その名は忍城(おしじょう)。湖の中にそびえることから別名『浮城』と呼ばれていた。
その城代、成田長親。「のぼう様」と呼ばれ皆に愛される城代だった―――。


と、言うところでしょうか。
歴史小説(になるんでしょうね)は若干苦手な人としては構えて読み始めたのですが。
そんな構えなんて吹き飛ばすほど面白い作品です。
もう、この城代「のぼう様」がとても魅力的。一見何も考えてないように見えて熱い男。
けど、どこか抜けている。みんなが放っておけない愛らしい存在。
戦の最中なのに笑ってしまうシーンがあるぐらい。
また、のぼう様に使える侍達も魅力的。
のぼう様に対して一斉にツッコミを入れる様はもう笑いが止まりませんでした。
家来達も百姓も、のぼう様に惹かれている―――。

この「のぼう様」の魅力を知りたい方は是非おススメです。



Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
知之介&陸
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
某グループの会報を通じて知り合った、知之介と陸。
妙に意気投合し、友達になりかれこれ10年近くが経ち、今も尚絶妙なバランスを保っている。
現在、共同でホームページ『よろずたうん』を運営中。
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
最古記事