忍者ブログ
よろずたうん本のレビュー。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ブレイブストーリー』などで知られる宮部みゆきさんの作品。


神田で袋物屋「三島屋」を営む伊兵衛。
ある日伊兵衛は姪のおちかを預かることになります。
このおちか、実家である川崎宿の旅籠から来たのだがそこから来たのには理由があり―――。

現在続編(?)が読売新聞で掲載されているこの作品。
伊兵衛がおちかに用意した「黒白の間」そこで話される百物語。
そこで話される不思議な話にどんどんと魅せられていってしまいます。
そして、おちかが川崎宿から神田に来た理由。
一見、妖(あやかし)の話の様に思えますがそこには様々な人の思いが詰まっています。


最終話『家鳴り』という話には泣きました、正直。
現代物ではありませんが、読みやすいです。
是非おススメですよ。

PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
知之介&陸
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
某グループの会報を通じて知り合った、知之介と陸。
妙に意気投合し、友達になりかれこれ10年近くが経ち、今も尚絶妙なバランスを保っている。
現在、共同でホームページ『よろずたうん』を運営中。
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
最古記事