忍者ブログ
よろずたうん本のレビュー。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   20年ほど前、少女コミックス『講談社・フレンド』に連載されていた『生徒諸君!』の教師編。

   新米教師のナッキーこと北城尚子は、急遽担任として、市立御園中学へと赴任することになった。しかし待ち受けていたのは、教師を信用していないクラスの生徒たち。3TDというグループが仕切っていて、徹底的にナッキーを妨害してくる。生徒たちの心に潜む闇、そして学校特有の体質と、学校側と保護者側にある溝。学校にも保護者にも協力を求められない中、ナッキーの体当たりの授業が始まった。
   御園中学の赴任と同時期に、同じ教師であり、親友であり恋人でもある岩崎が京都の高校に体育教師として赴任。頼れる彼が傍にいない中で、生徒たちを知るために家庭訪問をするナッキー。生徒の保護者の一人、鹿野はナッキーの仲間であり、昔、山で遭難死した沖田とそっくりだった。鹿野はナッキーに好意を持ち、食事に誘う。ナッキーは沖田と同じように山に登る鹿野の山写真を見せられ、沖田に想いを寄せていたナッキーは、激しく動揺。ヤッケ姿の彼と沖田を見間違えてしまい、止める鹿野を振り払うようにその場を立ち去った。
   そして、生徒たち家庭一つ一つに様々な事情があり、彼らはある事件で心に深い傷を負っていた。ナッキーは子供たちの心を開かせ、教師と生徒という絆を結ぶことができるのか。ナッキーは子供達に何を教え、子供たちはナッキーと出会ったことで何を得るのか。

   泣かずにいられない作品です(大袈裟?)
   この作品が『教師編』ならば、以前の作品は『生徒編』でしょうか。兄&姉が単行本を買っていて、私は中学だか高校の時に全話読みました。子供の頃には良くわからなかったことが、今読み返してみると痛いほど身に沁みるというか。読むたびに泣けてしまう作品です。<単に陸の涙腺が弱いだけ(爆)
   しかもこの話は長く、単行本は全24巻+別冊1巻。不意に何巻かを手にとって読み出すと、その巻を読み終わると1巻から再び読み出したくなる、脅威の作品です(笑)…それで幾度徹夜したことか…(爆笑)
   今、人間が忘れている何かを思い出させてくれ、こんな人が傍にいたら、人生変わってるんじゃないかなぁとか思ってみたり。実際、ナッキーや仲間達のような人(信念や信条)が今の日本には必要なんじゃないかなぁと感じさせられます。
   このコミックスは母、兄、姉と家族で読んでる作品です(父は漫画は読まないので)。20年前からの作品なのに、何故か共感度が高く、少々大袈裟かもしれませんけど、心打たれて泣かずにいられません。今の時代、是非に読んで欲しい作品です。

writing:陸
PR


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
知之介&陸
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
某グループの会報を通じて知り合った、知之介と陸。
妙に意気投合し、友達になりかれこれ10年近くが経ち、今も尚絶妙なバランスを保っている。
現在、共同でホームページ『よろずたうん』を運営中。
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
最古記事