忍者ブログ
よろずたうん本のレビュー。
[36] [35] [34] [33] [32] [31] [30]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

文楽の人間国宝・銀大夫のもとで日々大夫として精進する健(たける)。
ある日、銀大夫より「次の公演の三味線は兎一郎と組め」と言われます。
この兎一郎、三味線の腕はピカイチ。けれど皆と距離を置く一風変わった人で……。

これ、毎度のことながら読んだほうが早いです。
文章で説明するのは本当、難しい。
これ読むまで正直『文楽』ってよく分かりませんでした。ってか今も正直よく分かりません。
けど、何でだろうなぁ…読み終わった後に「見てみようかなぁ…」って気分にさせてくれるんです。
きっと劇場に行ったら銀大夫や健、兎一郎に会えるような気がしてしまうんです。
なんせキャラが個性的。
1人1人がこう繋がってないようで繋がっている……。
自分には珍しく、2日間で読みきってしまいました。

それぐらい登場人物が魅力的な作品。

『文楽』って良く分からん!って方でも、感情移入できるし読みやすい作品だと思います。

PR

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
知之介&陸
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
某グループの会報を通じて知り合った、知之介と陸。
妙に意気投合し、友達になりかれこれ10年近くが経ち、今も尚絶妙なバランスを保っている。
現在、共同でホームページ『よろずたうん』を運営中。
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
最古記事