忍者ブログ
よろずたうん本のレビュー。
[23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008年版『このミステリーがすごい!』第2位の作品です。

紅緑村において絶対的な権力を持つ赤朽葉家。
時代が変わっていく中でその赤朽葉の名の中で激動の人生を送った女達の物語―――。

と言うのでしょうかね?
あらすじと言うのはとても語れません、この作品。
赤朽葉万葉、毛毬、瞳子……この3代にわたる1つの物語。
戦後の万葉の時代から始まり、現代の瞳子へ。
最初「ん?これは…ミステリー?」と思いつつ読み始めたのですが。
3代目瞳子の章になってから一気に展開のスピードが加速していくのです。

もちろんこの3人だけの登場人物だけではなく赤朽葉家の一族やそれを取り巻く人々……。
様々な人の人生が絡み合ってこの1つの作品が出来上がっているのだなと読み終わってから気づきました。
この作品、一度読んで結末を知ってからもう一度読み直すと様々な伏線が張られていて奥が深いってことが分かります。

ものすごく読み応えのある作品。
どっしりと腰を落ち着けて読むのにおススメです。

PR

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
知之介&陸
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
某グループの会報を通じて知り合った、知之介と陸。
妙に意気投合し、友達になりかれこれ10年近くが経ち、今も尚絶妙なバランスを保っている。
現在、共同でホームページ『よろずたうん』を運営中。
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
最古記事