忍者ブログ
よろずたうん本のレビュー。
[24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

江戸・深川で古道具屋兼損料屋の『出雲屋』を経営する清次とお紅。
彼らが貸し出す道具はどれもいい品ばかり。ただ時々借り物から話し声がするということを除いては。
道具には付喪神が憑いていて―――。


大好きです。畠中先生の時代小説。
ほんのり甘酸っぱくて、ほっこりと温かい気持ちになれる。

今回の主人公、『出雲屋』を経営する2人だと思いきや実は道具に憑いている付喪神だったり。
彼らの見聞きしたものや、彼らが過去を振り返ることで清次とお紅の過去や2人に深く関わる人物が浮かびあがってきます。
本当に大切なものは何なのか―――。失いかけて気が付くこともあったり。
読み終わってやっぱり胸がいっぱいになってしまいました。

時代小説と言ってもかたくるしいことは一切なく、すんなり読める作品だと思います。
ま、1番のおススメ理由は「付喪神」達がかわいいことこの上ないッ!!!

PR

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


gbNobN
トラックバック:


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
知之介&陸
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
某グループの会報を通じて知り合った、知之介と陸。
妙に意気投合し、友達になりかれこれ10年近くが経ち、今も尚絶妙なバランスを保っている。
現在、共同でホームページ『よろずたうん』を運営中。
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
最古記事